サイズの変更できる画像(2)

前に作ったやつをprototype.js使うように改良した。

いやはや、prototype.jsすごい。
痒いところに手が届く。
そんでObjectの汚染もひどい。なんでやねん。
でもそれを補って余りあるほど便利。

というわけで以前つくったやつを改良して
外部jsファイルとして読み込めるようにしてみた。


サンプル
jsファイル

使い方はこんな感じ

new ResizableLayer(ID名, X座標, Y座標, 幅, 高さ, 画像のURL, 周りの四
角に使う1x1pixelの画像のURL(なくても可));

実際にはHTMLが出力されてから、つまりonload以降で
このクラスを使用するようにしてください。
最後の1x1pixelの画像のURLを指定しない場合は
HTMLと同じディレクトリの"dot.gif"というファイルを参照します。
いちいち指定するのが面倒ならresizablelayer.jsの
27行目を書き換えてください。

あと、prototye.jsが必要なんで忘れないように。

posted by oi at 2006年05月19日 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。